税理士費用の内訳|税理士に掛かる費用の内訳やシステムを知ろう

税理士の費用の種類は大きく分けると3つ

税理士に案件を依頼する時にかかる費用の種類を大きく分けると、各種作業料金・顧問料・オプション費用という3つに分けることが出来ます。顧問料という費用は、訪問をすることがあったり、税務署の監査に立ち会う必要があったりします。

税理士費用の内訳

相談

毎月払う必要のある顧問料

それぞれの事務所により顧問料に含まれていることが違うので、利用する前に確認するといいでしょう。顧問料は依頼している間は毎月かかる費用なので、よく知る必要があります。毎月払う料金が高額だと負担が大きくなってしまうので気を付けてくだい。

税務申告などの場合は顧問料がいらない

顧問料を毎月払う必要がなくなる契約もあります。ですがこれは、1年に一度の決まった時期限定で仕事を依頼する場合です。税務申告などの作業がこの契約に含まれています。1年に一度しか利用しないのに、毎月顧問料を請求されるということが無くなります。

顧問料とは別に計算される各種作業料金

各種作業料金に含まれているのは、記帳代行をする際の料金や、確定申告・年末調整の代行を行なう時の料金が含まれている場合が多いです。こちらの各種作業料金は顧問料とは別々に支払う場合がほとんどになっています。名古屋を含む多くの税理士事務所がこれにあてはまります。

広告募集中